coneyialand

アウトドア&街散歩

シンガポールで自然に浸る週末、コニーアイランド。

シンガポールの街には何でも揃っていて、カフェ巡り、ショッピングなど、行くところは数えきれないほどたくさんあります。

そういう刺激的な場所で遊ぶのもいいですが、たまには何にもない場所で週末を過ごしてみませんか?

さあ、小さいバッグを担いで、シンガポールの東の端へ出発!

島へのアクセス

中心地のCBDエリアから電車とバスを乗り継ぎ、1時間30分ほど。

MRT Punggol駅から84番線のバスに乗り換え、Punggol Point Parkへ。そこから500mほど歩くと、島の入り口となるConey Island Park West Entranceへ到着します。(最新情報は公式Webサイトをチェック!)

 
 

Punggolは中心地からは離れていますが、近年開発がどんどん進み、大きなショッピングモールや公園などができ、一大居住地として人気が高まっています。

coneyialand

海には多くの船が浮んでいて、対岸のマレーシアも見えます。

coneyialand

綺麗に整備された散歩道を歩きながら、ゲートへ。

coneyialand

島に到着する前でも、リラックスできて満足してしまいます。笑

シンガポールのリゾート地!?

coneyialand

ここで島の歴史を紹介します。

1936年10月7日、強烈な匂いでも有名な軟膏「タイガーバーム」を生み出したビルマ生まれの胡兄弟(兄の胡文虎/Aw Boon Haw、弟の胡文豹/Aw Boon Par)が島を購入。

1950年4月4日、インド人のビジネスマン、Ghulam Mahmoodが島を買い取り、島のリゾート地化を計画。ニューヨークのコニーアイランドにちなんで、島の名前を「Coney Island / コニーアイランド」に。しかし、その計画が実現することはありませんでした。

1972年11月21日、今度はシンガポールの港湾局が、レクリエーションエリアにすべく、島を買い取りました。

1974年11月6日、法務大臣がシンガポール本島とConey Islandを結ぶ2つの橋を作る計画を発表。

1987年3月17日、国家開発省大臣がPunggolのニュータウンプロジェクトと合わせて、Coney Islandをレクリエーションエリアとして開発すると発表。

そして、現在では、シンガポール人の週末のリフレッシュスポットになっています。

昔はSerangoon Island / セラングーン島と呼ばれていて、今でもGoogleマップではConey IslandもSerangoon Islandのどちらで検索してもヒットします。

自然に浸る時間

島には正直自然以外何にもありません。

でも、それがたまらなくいいんです。

coneyialand

毎日スマホやパソコンばかり見ていて、疲れている目が緑で癒されます。

coneyialand

中心地から離れているので、混雑しておらず、歩いたり、サイクリングしたり、ゆったりとした時間が流れています。

coneyialand

島には無料で入ることができますが、7-19時のみオープン。キャンプ、釣り、猿への餌やりは禁止されています。

「ここでキャンプしたいなー」

と思いましたが、残念ながらキャンプも禁止されています。

最後に、島の雰囲気がより分かりやすいように、動画も作ったので、是非見てみてください!

さて、来週末の予定はConey Islandで決まり!

他にもシンガポールにはアウトドアスポットがあるので、アウトドア好きは↓の記事もチェックしてみてください!

よしかつ

DanSingapore

 

 

 

 

個人の発信や会社での活動はこちら↓

ちょっと立ち寄ってみてください!

Twitter : @4shikatsu

Instagram : 4shikatsu

Youtube : DanSingapore

会社Webサイト「Vivid Creations

bakkuttehシンガポール料理男子がつくる「03. 肉骨茶/バクテー」 @ シンガポールキッチン前のページ

シンガポールで週末散歩 – ブッダ・トゥース・レリック寺院次のページbuddhatoothrelictemple

ピックアップ記事

  1. シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  2. シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  3. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  4. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  5. 僕が旅する理由

関連記事

  1. campingateastcoast

    アウトドア&街散歩

    アウトドア好き必見!シンガポールでキャンプやってみた。

    こんにちは、よしかつ(@4shikatsu)です。シンガポールはコ…

  2. nationalday

    アウトドア&街散歩

    シンガポールのおすすめ写真スポット〜建国記念日編〜

    8月9日はシンガポールの建国記念日。2020年で55歳になりました…

  3. sembawanghotspring

    アウトドア&街散歩

    南国シンガポールに天然温泉!?センバワン温泉へ行ってみた。

    僕は温泉好きです。身体が疲れた時、頭が疲れた時、熱い温泉に飛び込ん…

  4. dakotacrescent

    アウトドア&街散歩

    シンガポールで一番古い団地、Dakota Crescent。

    1965年に建国されたシンガポールという国。それより更に7年前の1…

  5. buddhatoothrelictemple

    アウトドア&街散歩

    シンガポールで週末散歩 – ブッダ・トゥース・レリック寺院

    シンガポールでは週末の街歩きが楽しい。ちょっと移動するだけで、違う…

  6. redhill

    アウトドア&街散歩

    シンガポールで一番可愛いピンクの駅!Redhill(レッドヒル)駅

    シンガポールの駅は無機質な駅が多いのですが、写真好きには何気に良いスポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

Youtube

シンガポールに関連する動画をアップしています!

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

54歳2019年8月9日
Happy Birthday!
  1. pulauubin

    アウトドア&街散歩

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  2. oneyearinsg

    日々のコラム

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  3. misunderstandingaboutsingapore

    社会&経済

    シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  4. family

    社会&経済

    シンガポール人の家族観
  5. travel-min

    シンガポールから旅する

    僕が旅する理由
PAGE TOP