burgerbar

アラブストリート、ムスリムも楽しめるカフェ。/ (working title) Burger Bar

休日に友達とぶらりArab Street(アラブストリート)を歩く。

中東の雰囲気を感じることができるお洒落スポット。

oneyearinsg

カフェがいくつもあって、どこに入るか悩む。

お、ここは何だか違った雰囲気が漂っている。

今日はここに寄り道。

(working title) Burger Bar

ヒジャブをまとった女性スタッフが出迎えてくれた。

暗めな店内が謎めいた雰囲気を醸し出している。

burgerbar

シンガポールには無い雰囲気のカフェ。

メニューを見るとハラル対応(ムスリムの方向け)のメニューがある。

ムスリムも多いシンガポールならでは。

コーヒーとチュロスが旨い。

いろんな民族、宗教の人たちが一緒に楽しむことができる場所って素敵。

僕もいつかそんな場を作ってみたい。

店舗紹介

店名 (working title) Burger Bar
住所 48 Arab Street, Singapore 199745
電話番号 8768 0463
営業時間 月-木 11:00-22:00、金 11:00-23:00、土日 10:00-23:00
定休日 なし
Wi-Fi あり
電源/コンセント なし
最寄駅 Bugis駅徒歩8分(緑線/East West Line)

よしかつ(@4shikatsu

natas2018シンガポール人の旅トレンドを探れ!『NATAS HOLIDAYS 2018』/ シンガポールイベントレポートvol.08前のページ

月刊DanSingapore – 1809次のページMonthlyDanSingapore1809

ピックアップ記事

  1. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  2. シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  3. シンガポール人の母がいなくなって16年が経ちました。
  4. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  5. 僕が旅する理由

関連記事

  1. brawn&brainscoffee

    ゲイラン、倉庫で飲むコーヒー。/ Brawn & Brains Coffee

    シンガポールの夜の街、ゲイラン(Geylang)。中心地とは違う雰…

  2. kopiguyou

    ダイエット効果ゼロのシンガポールのバターコーヒー、Kopi Gu You。

    「防弾コーヒー」とも言われ、近年ダイエットドリンクとして注目されている…

  3. chickenrice

    シンガポールハーフ男子がつくるシンガポール料理「02. 海南チキンライス」 / シンガポールキッチン…

    シンガポール料理を愛してやまない日本とシンガポールのハーフのよしかつ(…

  4. meatsmithlittleindia

    リトルインディア、インドのスパイスの効いた肉にかぶりつく夜。/ Meatsmith Little I…

    駅を降りると違う国に来たかのように、人も匂いも一気にインド色が強まるリ…

  5. apartmentcoffee

    Apartment Coffee、シンガポールの真っ白なカフェ。

    シンガポールでの在宅勤務生活も半年以上が経ちました。僕の会社の場合…

  6. Craftsmen Specialty Coffee

    ホーランドビレッジ、ヨーロピアンの街で一息。/ Craftsmen Specialty Coffee…

    ヨーロピアンが集まる街、Holland Village(ホーランドビレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

Youtube

シンガポールに関連する動画をアップしています!

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

54歳2019年8月9日
Happy Birthday!
  1. pulauubin

    アウトドア&街散歩

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  2. mysingaporeanmother

    シンガポールで暮らす

    シンガポール人の母がいなくなって16年が経ちました。
  3. oneyearinsg

    日々のコラム

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  4. family

    社会&経済

    シンガポール人の家族観
  5. travel-min

    シンガポールから旅する

    僕が旅する理由
PAGE TOP