istanbul13

僕旅/トルコ/イスタンブール

チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリート、、、

僕が住んでいるシンガポールでは、電車で一駅移動しただけで「あれ、違う国に来た??」と思うほど、多民族多文化の街が並んでいる。

だから休日に通りを歩いているだけで、世界を旅している気分になる。

「でも、やっぱり外に出たい!」

ということで、バックパック1つだけ背負って空港へ。

istanbul2

初めての国への渡航。

緊張感とワクワク感が混在する感覚。

これぞ旅の醍醐味。

食事付きの無料ツアー!?

istanbul12

映画、読書、睡眠、食事を繰り返した11時間の空の旅を終え、やってきましたトルコ・イスタンブール!

でも今回は乗り継ぎでの訪問。

タイムリミットは13時間。

適当に街を散策しようと思っていたんだけど、、、

istanbul3

空港に着いてからネットに繋いで何となく検索してみると、ターキッシュエアラインの乗客は無料で朝食、昼食付きの観光名所を巡れるツアーに参加できるじゃないですか!

迷わず参加。太っ腹過ぎるよ、ターキッシュエアラインさん。

istanbul4

参加者はかなり国際色豊か。

南アフリカに行くケニア生まれのニューヨーカー、スウェーデン住みのイラン人、ミラノに行く韓国人、コロンビア人、アメリカ人、アゼルバイジャン人、ロシア人などなど。

ハブ空港だからこそ集まった人たち。

普段出会わない人たちとの出会いはかなり面白い。

文化と文化が混じり合う街

istanbul5

3,000以上のモスクがあるイスタンブール。

京都にあるお寺の数と同じくらいらしい。

その中で最も有名なブルーモスクを訪れた。

istanbul6

街中にもヒジャブを被った女性たちが多く歩いている。

ムスリムの国に来たんだなと実感。

istanbul7

僕はムスリムではないけど、人々が祈りを捧げる場所に来ると心が洗われる。

istanbul10

モスクを離れ、モノとヒトで溢れたマーケットへ。

istanbul9

istanbul8

アラビアンでカラフルな色使いと模様は気分が上がる。

買って帰りたいけど、今回はバックパック1つなので荷物は増やしたくない。

次回はスーツケースを持ってくるか。

istanbul1

太陽の高さが低くなってきて、お腹が空いてきた。

「トルコといえばケバブでしょ!」

トルコ料理は世界三大料理の1つなのにケバブしか知らない。

本場ケバブを食べたくて1番長い行列ができているお店に並んで、自分の番が来て注文しようとしたら

「あれ、ケバブがないぞ。んー、どうしようかなー。でも折角並んだし、まぁとりあえず1番上のメニュー頼んでみるか!」

と頼んだPIDE(ピデ)。

これは大正解!もっちりジューシーでかなりハマる。

istanbul14

ガイドさんから「オスマン帝国」「ローマ帝国」「スルタン」とか高校の世界史の授業を思い出す単語が。

昔はそんなに興味を持てなかったけど、実際にその土地に足を踏み入れると、興味が俄然出て来る。

もう一回勉強しようかな。

istanbul11

お腹も満たされ、最後にやってきた海峡。

僕が今いる場所はヨーロッパ側。海の向こうはアジア側。でもどちらもイスタンブール。

イスタンブールはヨーロッパとアジアの交差点。

だから、ヨーロッパ、アジア、そして中東の文化が混じり合っていて、独特な雰囲気を醸し出している。

僕はそんなミックスされた街が好きなんだなと改めて思う。

僕が住んでいるシンガポール、去年訪れたジョージア、そして今回のイスタンブール。

どの街も、割合は違うけど、ヨーロッパ、アジア、中東の文化が混じり合いながら独自の文化を形成している。

その文化に触れると長い歴史に想いを馳せるし、今後この国がどう変わっていくのか気になってワクワクしてくる。

さて、13時間の乗り継ぎ時間もそろそろ終わり。

空港に戻るとするか。

よしかつ(@4shikatsu)

ピックアップ記事

  1. 僕が旅する理由
  2. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  3. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  4. シンガポール人の家族観
  5. シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた

関連記事

  1. bangkok

    週末旅/タイ/バンコク

    空港のカフェでコーヒーを飲みながら帰りのフライトを待つ。今回の旅に…

  2. weekendtrip

    「週末の旅」が毎日を楽しくする。

    僕は「週末の旅」に出るのが好きです。週末に大好きな旅が待っているか…

  3. mytravel2018

    僕旅 2018

    僕は旅が好き。旅をすることで、自分が本当に好きなことに気づくことが…

  4. travel-min

    僕が旅する理由

    僕にとって旅は生きがい。20歳からの10年間、最もお金を掛け、仕事…

  5. capetown10

    僕旅/南アフリカ/ケープタウン

    人生で4つ目の大陸、アフリカ大陸。その地に足を踏み入れたのは7年前…

  6. hochiminh

    僕旅/ベトナム/ホーチミン

    眠たい目を擦りながら、シンガポールからの早朝のフライトに乗り込んだ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

Twitter

Youtube

シンガポールに関連する動画をアップしています!

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

54歳2019年8月9日
あと76日です。
  1. travel-min

    僕が旅する理由
  2. toyamawest

    イベント

    シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  3. misunderstanding

    社会

    シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  4. pulauubin

    自然

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  5. oneyearinsg

    人生

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
PAGE TOP