sport

スポーツ

(更新:2018.02.23)

今熱い人気スポーツは?シンガポールのスポーツ事情

シンガポール在住のよしかつ(@4shikatsu)です。

先日、仕事終わりにシンガポール人の同僚とバドミントンをしに行きました。

恐らく10年以上ぶりのバドミントン。

「できるかな?」と少し緊張しながら入った体育館では、若い子から年配の方まで幅広い年代の、中華系、マレー系などのシンガポール人たちが楽しそうにプレーをしていました。

そこで、ふと、「シンガポールの人気スポーツって何だろう?」と気になったので、今回はシンガポールのスポーツ事情についてまとめました!

シンガポールって意外にスポーツ大国?

ここでの”スポーツ大国”というのは、競技スポーツで強いという意味ではありません。

僕は、東南アジアやシンガポールに対してスポーツのイメージって全く持っていませんでした。

何にも知らない時は、みんなヤシの木の下でのんびり過ごしているイメージを勝手に持っていました。(すみません!)

でも、シンガポールでは意外に身体を動かしている人をよく見かけるんですよね。

一番多く見かけるのは、ジョギングやランニングをしている人たちですが、シンガポール人の多くが住む団地(HDB)には大抵、子供たちの遊具と一緒に簡単なトレーニング器具(健康器具?)が設置されていて、特に高齢の方が朝晩問わず気軽に身体を動かしています。

さらには、公園に行くと、サイクリングしている人や太極拳をしている人もいます。

毎日30度近い気温の中、スポーツをしている人たちを見ると尊敬の念を抱きます。(僕は涼みながら眺めています)

政府によるスポーツに関する調査

シンガポール政府は、1987年から5年ごとに、13歳以上の国民と永住者を対象にスポーツに関する調査を実施しています。

以下、2015年の調査結果です。なかなか興味深い結果です。

  1. 過去1年にスポーツをしたのは全人口約335万人の71%の約238万人(内、1ヶ月以内にスポーツをしたのは84%の約200万人)
  2. 北部エリアに住むインド系男性がよくスポーツをしている
  3. 収入が高い人の方がよくスポーツをしている
  4. 男性の方が女性よりよくスポーツをする傾向
  5. スポーツの何がいい?健康に良い、人と交流できる、簡単にできる!
  6. 今度やってみたいスポーツは?ヨガ!
  7. よくやる運動トップ10

    1 ウォーキング
    2 ジョギング、ランニング
    3 水泳
    4 運動器具を使ったエクササイズ
    5 バドミントン
    6 サイクリング
    7 サッカー
    8 バスケットボール
    9 ヨガ
    10 ランニングマシーンでのランニング

シンガポールのスポーツ界の未来は明るい?

上に書いた通り、シンガポールでは健康のためにスポーツをやっている人は多くいます。

一方、競技の世界で結果を残しているシンガポール人はほとんど見かけません。

しかし、2016年のリオデジャネイロ夏季オリンピック(ブラジル)の男子100メートルバタフライでジョセフ・スクーリングが、4連覇を狙っていたマイケル・フェルペス(米国)を破る大金星かつオリンピック新記録で、東南アジア初、シンガポール初の金メダルを獲得。

これでシンガポールでの水泳人気は一気に上がったそうです。

先ほどの調査は2015年だったので、次回2020年の調査では水泳がより上位に来るかもしれません。

さらには、今まさに開催中の平昌冬季オリンピック(韓国)では女子スピードスケートに、シンガポール人のシャイアン・ゴーが初めて参加しました。

実は2人ともシンガポールにはいません。スクーリングはアメリカ、シャイアンはカナダを拠点としています。

2人ともかなり特殊な例であり、一般のシンガポール人たちにとってはあまり身近に感じていないかもしれません。

彼らの活躍によって、シンガポールのスポーツ界が劇的に盛り上がり、メダリスト量産国に変わるということはないと思います。(今現在も変わっていません)

今日も相変わらず、近所を散歩したり、公園の運動器具で身体を動かしたりする日課を淡々とこなす人たちがほとんどです。

政府としても、正直スポーツは二の次で、国としては力を入れていないと思います。

でも、同じシンガポール人として「よし、おれも/わたしもオリンピック目指してみるか!」と気合いを入れた子どもたちがいるかもしれません。

僕は何もできないけど、そんな子どもたちを後押ししてあげる社会、政府になればいいな。

スポーツって、健康になれて、楽しめて、ストレス発散できて、興奮できる最高のアクティビティ。

みんな、楽しんじゃいましょう!

ピックアップ記事

  1. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  2. シンガポール人の家族観
  3. 僕が旅する理由
  4. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  5. シンガポールで暮らして1年が経ちました。

関連記事

  1. iceskate

    スポーツ

    南国シンガポールの冬季五輪への軌跡

    ここ最近、朝起きて日本のネットニュースを見ると、平昌冬季オリンピックの…

  2. esports

    スポーツ

    eスポーツって何?シンガポールのeスポーツ事情

    最近eスポーツという言葉をよく見かけるようになりました。というのも…

  3. スポーツ

    アルビレックス新潟シンガポールの挑戦〜シンガポールのサッカー事情〜

    よしかつ(@4shikatsu)です。シンガポールに住んでいます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

Twitter

Youtube

動画プロジェクト第一弾

 

“シンガポールに関するオススメ動画まとめ”

 

(オリジナル動画は今後公開予定)

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

53歳2018年8月9日
Happy Birthday!
  1. family

    人生

    シンガポール人の家族観
  2. oneyearinsg

    人生

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  3. pulauubin

    自然

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  4. misunderstanding

    社会

    シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  5. toyamawest

    イベント

    シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。