MonthlyDanSingapore2005

Webマガジン

月刊DanSINGAPORE – 2005

更新日

2018年3月に「月刊DanSINGAPORE」という名前で月刊記事を開始しました。

その時の想いを振り返ってみました。

僕は雑誌が大好き。

お洒落な表紙でジャケ買いし、触りごごちの良い厚めの紙を一枚一枚めくりながら、文章と写真を楽しむのがこの上なく幸せ。

興味がない分野でも一気に好きになることは日常茶飯事。

文の内容、文のテンション、写真の色味、全体の構成など、全てが絶妙に重なり合っている雑誌に出会うと、いつの間にか雑誌の世界にぐっと入り込んでいる。

朝から読み始めて、気が付くともう西日が差し込む時間になることも。

いつしか特集内容についてもっともっと知りたいと興味がふつふつと湧いてきている。

シンガポールと旅の個人メディア「DanSingapore」も、読んでくださる方がそうやって没頭できるワクワクする場所に、まだ日陰にいるけど実は魅力的なコト、モノ、ヒトにスポットライトを当てていく場所にしていけたらいいなと思っています。

2年以上経った今でも、ニッチだけど、魅力的なコト、モノ、ヒトに引き続きスポットライトを当てていきたいという想いは変わっていないなと改めて実感しました。

サーキットブレーカーという外出規制が6月1日に終了します。

しかし、6月2日からは、3つのフェーズで段階的に規制が解除されていくので、まだまだStay Homeな暮らしは変わりません。

そんな中でも面白いコンテンツ、暮らしを楽しむ方法は山のようにあります。

ここでは、その一部も紹介していけたらと思っています。

さて、『月刊DanSingapore 2020年5月号』のはじまりです。

注目記事

写真で楽しむシンガポール

最近写真にものすごい魅力を感じています。

何をどんな角度、どんな色で撮るか。同じモノを撮っていても、人によって伝わるコトが全く違う。

僕はありがたくもシンガポールで働いて、暮らすことができています。

この機会を最大限に活用して、僕が感じるシンガポールを写真を通して伝えたいなと思っています。

外になかなか出ることができない今、画面越しにシンガポールを楽しんでみてください。

おうちで楽しむ日本酒

過去10年以上、日本からの輸入金額が毎年10%以上伸びているシンガポールの日本酒市場。

居酒屋、レストラン、バーの代わりに、おうちで日本酒を楽しんでもらおうと、各社デリバリーサービスを充実させたり、オンライン飲み会を企画したり、様々な取り組みをしています。

シンガポールにいる方はぜひ楽しんでみてください。

外から混ざりあう。

今年2月に、東京の会員制カレー屋さん「6curry」でシンガポールをテーマに1日店長をさせてもらいました。

会員でもなく、知らない人ばかりというものすごいアウェー環境でしたが、「受け入れることに慣れている」会員の方々のおかげで、結果としてはとても楽しい時間を過ごすことができました。

普段はオンラインで発信している身としては、オフラインで伝えることの難しさと楽しさの両方を感じることができて、とても勉強になりました。

note、はじめました。

ブログ、Twitter、Instagram、YouTubeにて発信を行なっていますが、より僕自身の考えを書きたいなと思い、noteをはじめてみました。

読んでもらえると全力で喜びます。

シンガポールの音

シンガポールへの旅やシンガポールでの生活に合う音楽を届けていきます。

Daniel Chia – サックス奏者

シンガポールで人気のサックス奏者であるダニエル。数え切れないほどのイベントに出演し、ジャズ、ポップス、クラシック、R&B、EDMにも精通しています。

グラミー賞を2度受賞したプロデューサー兼ギタリストのポール・ブラウンとスタジオに入ったダニエルのデビュー・アルバム「In The Moment」は、世界的に有名なスムース・ジャズ・アーティストが参加したオリジナル曲を収録。絶大な支持を集め、プレオーダーでは24時間足らずで10,000ドルを集めました。

トレバー・ジェームス、シルバースタイン、マルカ&ジョディのジャズアーティストとして、また、フランスのMIDEMフェスティバルやマレーシアのサンバースト・インターナショナル・フェスティバル、更には、ZoukOut、Music Matters Festival、Mosaic Music Festival、Audi Fashion Festival、Earth Hourなどにも出演しています。

デビューアルバムをリリースして以来、ダニエルはマレーシア、タイ、ミャンマー、韓国、日本、アメリカでも公演を行い、サンディエゴでは、グラミー賞を4度受賞したラリー・カールトンとの共演にも招待されるなど活躍中。

公式Webサイト

実はシンガポールに来る前、2年ほどアルトサックスを練習していて、いつかジャズを吹いてみたいなという想いがあります。

今は一旦休止中ですが、また練習を再開したいです。

来月の僕へ

僕はここ数年のうちに完全リモートワークで働けるようにするつもりで、今の環境はその”練習”だと思っています。

6月は、リモートで働くためのスキルをしっかり身につけ、うまくいっていない点はちゃんと改善していくぞ。

よしかつ

DanSingapore

 

 

 

 

個人の発信や会社での活動はこちら↓

ちょっと立ち寄ってみてください!

Twitter : @4shikatsu

Instagram : 4shikatsu

note:よしかつ

Youtube : DanSingapore

会社Webサイト「Vivid Creations

シンガポール人の日本酒ソムリエによるオンライン飲み会に参加してみた。前のページ

東南アジア最大級のビールフェス「Beerfest Asia 2020」/ シンガポールイベントレポートvol.14次のページbeerfestasia

ピックアップ記事

  1. シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  2. 僕が旅する理由
  3. シンガポール人の家族観
  4. シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  5. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと

関連記事

  1. WeeklyDanSingapore4

    Webマガジン

    週刊DanSingapore – 180330

    こんにちは、よしかつ(@4shikatsu)です。3月もいよいよ終…

  2. WeeklyDanSingapore16

    Webマガジン

    週刊DanSingapore – 180630

    こんにちは、よしかつ(@4shikatsu)です。先日、「住民が夜…

  3. MonthlyDanSingapore1803

    Webマガジン

    月刊DanSingapore – 1803

    僕は雑誌が大好き。お洒落な表紙でジャケ買いし、触りごごちの良い厚め…

  4. WeeklyDanSingapore2

    Webマガジン

    週刊DanSingapore – 180317

    こんにちは、よしかつ(@4shikatsu)です。先週からお送りし…

  5. WeeklyDanSingapore11

    Webマガジン

    週刊DanSingapore – 180525

    日本では新緑の季節の5月。少し寒いけど青々しい木々に囲まれながら登…

  6. WeeklyDanSingapore9

    Webマガジン

    週刊DanSingapore – 180511

    年中暑いシンガポールだけど、今が一番暑い時期らしい。確かに最近夜が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

Youtube

シンガポールに関連する動画をアップしています!

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

54歳2019年8月9日
Happy Birthday!
  1. oneyearinsg

    日々のコラム

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  2. pulauubin

    アウトドア&街散歩

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  3. family

    社会&経済

    シンガポール人の家族観
  4. travel-min

    シンガポールから旅する

    僕が旅する理由
  5. toyamawest

    イベント

    シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
PAGE TOP