esports

スポーツ

(更新:2018.05.12)

eスポーツって何?シンガポールのeスポーツ事情

最近eスポーツという言葉をよく見かけるようになりました。

というのも、僕の学生時代の友人のUlara(@ularatter)がCEOを務めるWekidsという会社がゲーミングチームRash Gamingとスポンサー契約を結んでおり、eスポーツに関する情報がTwitterで流れてくるようになったからです。

ゲーミングチーム?eスポーツ??

僕は小さいころはポケモン、RPG、ストリートファイターなどにハマっていましたが、現在は全くゲームに触れていないので、eスポーツについても全く知りませんでした。

でも、少し調べてみると、急成長の大注目マーケットであり、僕が今住んでいるシンガポールでも人気が出てきているようで、かなり面白そうなので、eスポーツについて簡単にまとめてみました。

詳しい方!全くの初心者なので、もし違っていたら優しく教えてください!

eスポーツって何?

定義

「コンピューターゲーム、ビデオゲームを使って対戦をするスポーツ」

体を動かすだけがスポーツじゃない!英語のSportには楽しむ・競技といった意味もあり、欧米ではチェスやビリヤードもスポーツとして認知されています。(詳細は日本eスポーツ協会

対戦をするので、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといったRPGはeスポーツには当てはまりません。

2022年のアジア競技大会(アジア版オリンピック)にて正式メダル種目に選ばれており、市場規模は10億ドルを超え、今後の成長が期待されています。

どんなゲームがある?

eスポーツには8部門があります。

  1. FPS
  2. MOBA
  3. RTS
  4. 格闘ゲーム
  5. スポーツ
  6. モバイル
  7. パズル
  8. オンラインカード

それではそれぞれの部門を紹介します。

FPS(First-Person Shooter)

プレイヤー視点のシューティングゲーム。30歳前後の人なら知っている人も多い「任天堂64のゴールデンアイ」みたいなゲーム。

代表的なゲーム:CALL OF DUTY

FPS

MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)

2つのチームに分かれて、味方と協力しながら敵チームの本拠地を破壊するゲーム。操作するのは一つのキャラクター。

代表的なゲーム:League of Legends

MOBA

RTS(Real-Time Strategy)

昔のRPGゲームのように順番に行動を選択していくのではなく、リアルタイムに戦略を立てながら敵と戦うゲーム。MOBAと似ているが、操作するのは複数のキャラクター。

代表ゲーム:スタークラフト

starcraft

格闘ゲーム

1対1または1対複数で格闘対戦するゲーム。

代表ゲーム:ストリートファイター、鉄拳、スマッシュブラザーズ

streetfighter

スポーツ

サッカーや野球などのスポーツゲーム。

代表ゲーム:ウイニングイレブン、FIFA

winning11

モバイル

身近なスマホで出来るゲーム。

代表ゲーム:Vainglory

vainglory

パズル

最近だとスマホゲームで特に人気のパズルゲーム。おなじみ「ぷよぷよ」も18年3月にeスポーツ化し、4月には優勝賞金100万円の大会が開催されました。

代表ゲーム:ぷよぷよ

puyopuyo

オンラインカード(OCG / Online Card Game)

eスポーツとしては新しい部門であるカードゲーム。30代なら遊戯王のカードゲームでお馴染み。

代表ゲーム:Hearthstone

hearthstone

プロはどれだけ稼いでいる?

eスポーツにはプロプレイヤーがいて、世界各地で開催されている賞金の出る大会に出場しています。

E-SPORTS EARNINGSによると、18年5月12日時点で、世界で一番稼いでいる選手はドイツのKuroky選手で、約4億円稼いでいます。トップ100の選手を見ると、ヨーロッパや中国、韓国の選手が多くいます。日本人選手はいませんでした。

シンガポールでのeスポーツ事情

プロゲーマー

シンガポールにも世界レベルのプロゲーマーがいます。

iceiceiceという名で活動しているPei Xiang選手。MOBAのDota2というゲームのプライヤーで、先ほどのランキングで33位にランキングしていて、約1.4億円稼ぎ出しています。

さらには女性も活躍しています。18年1月に開催されたFTP(シューティングゲーム)のCS:GOのアジア大会の女性部門で、シンガポール人女性5名のチームが2位になり、世界大会への切符を獲得しました。(記事はこちら

femalegamer

大会開催

シンガポールでは18年8月に「アセアンeスポーツトーナメント」の開催が決定しており、政府も積極的に支援をしています。

過去にも何度もeスポーツの大会を開催しています。

世界的人気スマホゲーム「Vainglory(ベイングローリー)」の第2回世界大会

シンガポールは「Vainglory」発祥の地。2013年に「Kindred」という名前でβ版が世界で初めて配信。

そんなシンガポールにとっては特別なゲームの世界大会が2017年に開催されました。

格闘ゲームのアジアファイナル「South East Asia Major 2017」

通称SEAMと呼ばれているSouth East Asia Major。

ストリートファイターなどの格闘ゲームの地域大会で、優勝者には世界大会のCAPCOM CUPへの出場権が与えられました。

eスポーツの今後

世界中で盛り上がっているeスポーツだけど、日本を見るとまだまだこれからという段階。

プロプレイヤーとして生活していくのはごく少数であり、厳しい状況。

理解度という点で、eスポーツに関わっていない人からすると、「ゲーム」という言葉が持つ”遊び”のイメージが強すぎるのかなと思います。

そのような中でも、少しずつ環境が変わってきています。例えば、

  1. ゲーム等を学ぶデジタルハリウッド大学で、日本人トッププロプレイヤーのマイキー選手をアドバイザー兼顧問とし、e-sports部創部。
  2. eスポーツ事業を展開するLibalent(リバレント)が吉本興業と組み、オンラインカードゲームShadowverse部門のプロeスポーツチームを新設。プロリーグ『RAGE Shadowberse Pro League』に参戦。
  3. 僕の地元の富山にまさかの富山県eスポーツ協会。今の時代、田舎とか関係ない。

さらには、上述のRush Gamingは、今まさに登り調子で、18年2月にはCOLL OF DUTYの国内大会で優勝し、世界大会出場が決まっています。

メンバー4人のYoutube登録者数は12万人を超える大人気チャンネルで、彼らに憧れ、ゲーマーを目指す人も出てきているようです。

海外でも面白い動きがあります。

  1. アメリカのプロバスケットボール協会(NBA)やフランスやスペインの名門サッカークラブがeSportsへの参入を発表し、プレーヤーの獲得・契約を進めている。
  2. 全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。

「え、eスポーツってスポーツって思われていなかったの?」と言われる時代もあっという間に来るかもしれません。

eスポーツの世界、目が離せません!

よしかつ(@4shikatsu

ピックアップ記事

  1. シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  2. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  3. シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  4. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  5. シンガポール人の家族観

関連記事

  1. スポーツ

    アルビレックス新潟シンガポールの挑戦〜シンガポールのサッカー事情〜

    よしかつ(@4shikatsu)です。シンガポールに住んでいます。…

  2. sport

    スポーツ

    今熱い人気スポーツは?シンガポールのスポーツ事情

    シンガポール在住のよしかつ(@4shikatsu)です。先日、仕事…

  3. iceskate

    スポーツ

    南国シンガポールの冬季五輪への軌跡

    ここ最近、朝起きて日本のネットニュースを見ると、平昌冬季オリンピックの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

Twitter

Youtube

動画プロジェクト第一弾

 

“シンガポールに関するオススメ動画まとめ”

 

(オリジナル動画は今後公開予定)

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

53歳2018年8月9日
Happy Birthday!
  1. travel-min

    僕が旅する理由
  2. pulauubin

    自然

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  3. misunderstanding

    社会

    シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  4. family

    人生

    シンガポール人の家族観
  5. toyamawest

    イベント

    シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
PAGE TOP