スポーツ

シンガポールでスポーツ 〜スカッシュ、やってみました〜

更新日

シンガポール在住で、日本とシンガポールのハーフのよしかつ(@4shikatsu )です。

おそらく多くの日本人にとって、シンガポールに対してスポーツのイメージって無いと思います。

確かに世界的に活躍しているスポーツ選手は多くありません。

でも、一般レベルでのスポーツの浸透ぶりは日本を超えているかもしれません。

赤道直下の常夏の国で年中30度ぐらい、毎日短時間だけど雨(スコール)が降るということもあり、インドアスポーツも人気。

シンガポール国全体でのスポーツ事情については「今熱い人気スポーツは?シンガポールのスポーツ事情」を読んでみて欲しいのですが、今日はずっとやってみたくて初挑戦したスカッシュにレポートします!

スカッシュって何?

まずスカッシュって知っていますか?

僕は名前を知っていますが、やっている人と出会ったことはなく、身近ではありませんでした。

日本スカッシュ協会によると、スカッシュとは、

  • 日本にはスカッシュ人口推定10 万人、愛好者30 万人がいて、全国に400コート近くある。
  • イギリス・ロンドンで生まれたインドアで行うラケットスポーツで、2名(ダブルスは4名)で4面を壁で囲まれたコートの中で、小さい、中が空洞のゴムボールを交互に打ち合う。
  • 年齢や性別を問わず、用具も少なくて安く、コートが有ればすぐに楽しめるスポーツだから、現在188か国で2,000万人がプレーしている。
  • コートは9.75mの長さと6.40mの幅の約18坪と広すぎず、ボールがどこに行っても返す事が可能な範囲です。プレーヤーそれぞれの力量に合ったスピードで楽しめるので、子供から年配者まで、生涯スポーツとして続けられる。
  • スカッシュは“ 世界一健康的なスポーツ” 。1時間の消費エネルギーは、通常のプレーヤーで700kcal前後、プロ選手で1500kcalと、他のスポーツに比べて短時間で充分な運動効果が得られる。

(一部省略)

「意外に競技人口が多い、、何で今までスカッシュをやっている人に出会わなかったんだろう。」

トップ選手はヨーロッパ中心。最新のランキングだとエジプト人選手がトップ3に名前を連ねています。

それではプロの動画をどうぞ。

”世界一健康的なスポーツ”というのが分かるほど、激しい動き。

そして、「何でそんな球を取ることができるの?」というほどのテクニック。

僕はテニス経験者。

「スカッシュってテニスっぽいやつでしょ」

すぐできるようになるだろうと、たかをくくっていたんだけど、果たして僕にもできるのか???と心配になってきました。

シンガポールのスカッシュ事情

さて、シンガポールではスカッシュ事情はどうなのかと調べてみると、現在、778人がリーグ参戦、26のクラブや20の学校で教えられているとのこと。(Singapore Squash Associationより)

また、レベル分けがなされていて、毎シーズンの最後に昇級試験があります。

Men
A Grade (Being the highest proficiency level)
B Grade
C Grade
D Grade
E Grade
F Grade
Men Veterans 1 (Above 40 Years old, A Grade and below)
Men Veterans 2 (Above 40 Years old, D Grade and below)

Ladies
Ladies Division 1 (Ladies C and D Grade)
Ladies Division 2 (Ladies E and F Grade)

キッズへの指導も熱心にやっている様子です。

スカッシュ、やってみました

今年に入って忙しさを理由にあまり運動をできておらず、「身体を動かしてリフレッシュしたい!」と思っていた中、シンガポール人同僚とインターンの子がスカッシュ経験者ということを聞き、早速「Let’s play squash!!」と誘い、週末に北部にあるYIO CHU KANG「SQUASH & TENNIS ZCENTRE」に行ってきました。

squash

5つの白い部屋が並んでいる。

「あ、これこれ」と写真でしか見たことのないスカッシュコートに少し気分が上がる。

squash

同僚からラケットを借り、エアコンのついていない部屋へ。

基本ルールから教えてもらいながら、小さなボールを打つ。

ラケットでボールを打つことには慣れているので、出だしはいい感じ。

「これ、あっという間にうまくなるんじゃね」と勘違いしたのも束の間。

経験者の本気のショットはやはり違う。

スピードや小さなボールに対する反応が全く違う。

どの壁のどの位置にボールを打ったら、どこにボールが飛んでいくのか、頭をフル回転させているのがビンビン伝わってくる。

squash

3時間、汗だくでプレーしてかなりスッキリ。

スカッシュの世界にハマりそう。

これからもやっていきたいので、興味ある方はぜひ声をかけてください!

squash

よしかつ(@4shikatsu

ピックアップ記事

  1. シンガポール人の家族観
  2. 僕が旅する理由
  3. シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  4. シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  5. 「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。

関連記事

  1. sport

    スポーツ

    今熱い人気スポーツは?シンガポールのスポーツ事情

    日本とシンガポールのハーフで、シンガポール在住のよしかつ(@4shik…

  2. スポーツ

    アルビレックス新潟シンガポールの挑戦〜シンガポールのサッカー事情〜

    よしかつ(@4shikatsu)です。シンガポールに住んでいます。…

  3. esports

    スポーツ

    eスポーツって何?シンガポールのeスポーツ事情

    最近eスポーツという言葉をよく見かけるようになりました。というのも…

  4. runningcourse

    スポーツ

    シンガポールのおすすめウォーキング/ジョギング/ランニングコース

    南国シンガポールでは歩くこと、走ることが人気。2015年のスポーツ…

  5. iceskate

    スポーツ

    南国シンガポールの冬季五輪への軌跡

    ここ最近、朝起きて日本のネットニュースを見ると、平昌冬季オリンピックの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

Twitter

Youtube

シンガポールに関連する動画をアップしています!

 

BIRTHDAY OF SINGAPORE

54歳2019年8月9日
Happy Birthday!
  1. misunderstanding

    社会

    シンガポールの”よくある誤解”をまとめてみた
  2. toyamawest

    イベント

    シンガポールでの地域PRイベントで感じた「町おこし」における大事な3つのこと
  3. pulauubin

    自然

    「シンガポールはコンクリートジャングル」という固定観念、破壊します。
  4. oneyearinsg

    LIFE

    シンガポールで暮らして1年が経ちました。
  5. travel-min

    TRAVEL

    僕が旅する理由
PAGE TOP